お金がないなら法律に詳しい知人から借りる

どうしても欲しいものがあったり納税しなければならないときにお金がなければ、法律に詳しい友人から借りるようにしています。
きちんと借用書を作成してもらい必要事項を記入するので、もしも返済が滞ってしまえばペナルティが課されてしまいます。
一般的には法律に詳しくない人から借りたほうが良いのではないかと思われがちですが、そうすると後々に困ることが起こりやすくなります。

お金がないなら法律に詳しい知人から借りる

債務者と債権者それぞれの義務を熟知していない人は、ときとして無理難題を押し付けようとします。
たとえば、返済日が近づいて来たときには法律に反するような高い利息を請求してきたり、本来返済するべき元金よりはるかに高いお金を貸したなどと言い張るケースです。
借用書が存在していればこのようなことにはならないので、お金が欲しいときには法律に明るい人を頼るのが良いと考えられます。

なお、法律に詳しい人が相手なら自分に非があるケースでは法的手段を取られかねないので注意するべきです。

 

金銭トラブルはデリケート!知識のある人からアドバイスを受けよう

お金関連のトラブルは、非常にデリケートです。
少額でも法的トラブルに発展するケースは珍しくないので、間柄や額に関係なく借用書を用意するのは有効です。

もちろん、法的知識のある人とない人の差は言うまでもありません。
借用書と言っても、記入内容次第で法的効力が変わる可能性もあります。
それこそトラブルの原因になりかねませんから、やはり専門知識のある人からアドバイスを受けたいところですね。
心配であれば、トラブルを避けるための知識も教えてもらうと良いでしょう。

断捨離でお金も運もゲット!

「給料前などお財布がさびしくなってピンチ!どうしてもお金が欲しい!」
……と思った時は、まずは、家中をとことん掃除をします。
そういう時は生活も荒れていることが多いから、すべてをリセットして運気をあげる必要があります。

床に放置された雑誌や、本棚にビチビチに詰まった書籍やマンガを抜き出し、ブックオフに駆け込みます。
他にも着なくなった服や靴、家の中のさまざまな不用品を洗い出しリサイクルショップに売りに行く。
これで数千円~になることが多いです。

断捨離でお金も運もゲット!

靴箱もクローゼットも余裕が出てきました。
風水では空きがないといい運気も入ってこないといわれています。
不思議なもので掃除、片づけをすると思わぬところからお金を発見したり、周りから欲しかったものをもらったりいい事が続きます。

不要なものを売ってきれいになった部屋で、自炊でもして節約生活をしていたら給料前のピンチはどうにかしのげます。
それより高額な金額が必要なときは…家族に借金するしかありませんね。

 

断捨離は定期的に!忘れていたお金が出てくるかも!?

「断捨離の一環として掃除をしていたら、思わぬところからお金が出てきた!」
実は、こういうエピソードって結構多いんです。
忘れていたり、適当に置いてしまったために失くしてしまっていたものを発見しやすくなるので、やはり断捨離は大切ですね。

ちなみに、いらなくなった物を中古ショップ等に売却する際は、ジャンル分けをする事をお勧めします。
中には、特定のジャンルで人気の商品であり、意外な値段で買い取ってくれる業者が存在するかもしれませんよ。