お金が欲しい時はクレジットカードのキャッシング枠を使っています

お金が欲しい時っていうのはちょくちょくありますね。
それがまだクレジットカードで買えるものならばちょっどだけ考えますが、結局は使ってしまうことが多いです。

photo

一応次の給料日を計算して残高を考えて一括や分割になるように考えていますが、どうしてもできなさそうならばリボ払いも検討してやっていることもあります。
リボ払いは正直手数料が長く続けば続くほど掛かって損をしてしまうのですが、やはりどうしても欲しいものがある時にはこちらを選んでしまうことも多い感じになっています。
幸いにも正社員というわけなので、クレジットカードの限度額も多少はありますので無理は聞くのもありますね。

それでもクレジットカードでの支払いができないことも多いので、その時はクレジットカードのキャッシング枠を使っての借入も検討して行っています。
こちらも利息は消費者金融系とあまり変わらない感じなので、それなりに損をしますからご利用は計画的にという感じになっていますが、いざという時に助かっているので使ってます。

 

いざという時に心強いクレジットカード

クレジットカードは、月末にまとめて支払ったり、リボ払いで少しずつ支払う時に利用するのが主流ですね。
ただ、クレジットカードの利点はそれだけではありません。
特別なケースを除き、クレジットカードにはキャッシング枠が設けられているのは、実際に利用している人なら誰もがご存じでしょう。

カード作成時の審査によって、その上限額に違いは出てきますが、いざという時に役立ってくれる事は間違いないでしょう。
もちろん頼りすぎは考え物ですが、「最終手段」としては一般的な消費者金融よりも現実的かもしれません。

お金が欲しいと思ったら借りる

私がどうしてもお金が欲しいと思ったときは、やっぱり借りることを考えますね。

日雇いのバイトでもすればお金を手っ取り早く稼げるのかもしれませんが、私は普段仕事をしているので、日雇いのバイトにいっている暇がありません。
ですからお金が欲しいと思ったら、誰かからかお金を借りるしかないんです。

1-Aお金が欲しいと思ったら借りる

私がお金を借りる先は主に二つです。
友人とキャッシングですね。

できれば友人に借りれれば一番いいのですが、そんなしょっちゅう友人にお金の無心をするわけにはいきません。
それになんだか年を取るごとにお金って人に借りにくくなってくるんですよね。
学生のときはあんなに簡単にお金の貸し借りをしていたのに、今ではお金の貸し借りはなんだか言いにくい雰囲気があります。

友人からお金を借りるのも言い出しにくいなと思ったときはキャッシングを利用しますよ。
キャッシングは別段気にすることもなくいつでも使えますからいいですね。
しかし、それに甘えてあまり使い過ぎないようにしなければいけませんけどね。

 

個人・業者に関わらず借り過ぎに注意

どうしてもお金を借りなければならない状況に陥った時、身近に頼れる人がいるのであれば、ひとまず相談してみるのも手です。
ただ、いくら親しい相手であっても、何度もお金を借りているうちに相手からの信頼を失くしかねません。

キャッシングは、そもそもお金を貸すのが仕事ですので、条件を満たしていれば何度でも貸してくれます。
ただ、借りれば借りるほど利息がかさんでいきますし、金融事故のリスクもありますので、よく考えないまま利用するのは危険です。

なんといっても、日頃からお金の使い方に注意する事。
これができなければ、いずれ誰からもお金を借りられなくなるかもしれませんよ。

お金が欲しい時は本やCDを売りましょう

どうしてもお金が欲しい場合、学生であれば日雇いバイトをするなどが手っ取り早いのですが、社会人として働いていると中々難しいのではないでしょうか。
時間を捻出することが難しいですし、そもそも副業禁止規定に引っかかってしまう可能性があります。
社会人は労働以外の方法で稼ぐしかありません。

私はどうしてもお金が欲しい場合、家にある物を売ることにしています。
基本的にはCD、DVD、本です。

photo

これら家にある娯楽品は、基本的には無くなっても暮らしていけます。
もし、どうしてももう一度手に入れたい場合は、お金に余裕ができたら買い直せば良いのです。
(実際に買い直すようなことは殆どありませんが)

もし、時間に余裕があればネットのオークションや買い取りサイトで条件の良い値段を探して売ります。
お宝物が入っていたりして、思った以上の売値にあることもあります。

早目にお金が欲しい場合や、近場のリアル店舗を利用するようにしています。
あまり条件はよくありませんが、すぐにお金を貰うことができます。

CDや本を売っても、大きいなお金にはなりませんが、当座を凌ぐ資金は手に入れることができたりしますのでオススメです。

 

大人にも子どもにもありがたい中古ショップ

「お金が欲しければ働けばいい」という意見も尤もですし、これが一番お金を工面しやすい方法である事に間違いないでしょう。
しかし、本文にもある通り、社会人は時間的にも就業規則的にも制約を受けやすく、簡単に掛け持ちできるというわけではありません。

そういうわけで、中古ショップはありがたい存在なわけです。
定価よりは下がる事がほとんどですが、多少ながらもお金を手にする事ができます。
それに、家でホコリを被ったまま放置するより、その商品を欲しがっている人に持っていてもらう方が良いでしょうからね。