困った時はキャバクラで1日体験!

急ぎでお金が欲しい時は、キャバクラで一日体験しています。
昔働いてた経験があるからか、抵抗なく苦なく大金を稼げます。

photo

まず、無料求人情報雑誌をコンビニなどから持ってくる。
自分の年令や雰囲気に合いそうな店を探し、電話をする。
だいたいその日か、週末には確実に面接からの1日体験が出来ます。

そこで基本もらえる時給だけでは足りない場合、1日体験でも指名やドリンクバックなどで稼ぎます。
これはお店によって全然システムが違うので、面接でしっかり聞いておかないと損します。

『いつもはこんな事ないんだけど、急な出費がかさんで。。』など言えば、アフター(お店での仕事終了後、お客様と出かけること)きてくれたら、稼げなかった分だしてあげる。などの、嬉しい誘いもあります。
一晩で1日体験とアフターで6万稼いだこともあります。
ただ、お店を出た後は自己責任なので、見極めが必要です。

仕事には会話が必須なので仕事に行くまでに1週間以内のニュースを頭に入れたり、得意な会話を考えておくと楽に働けてたくさん稼げます。

 

1日体験でも高報酬!それでも足りなければ借りる方法も……

もともと高報酬である事が多いキャバクラでのお仕事。
それは1日体験も例外ではなく、実際にこの方法でお小遣いを稼いでいる女性は少なくありません。

アフターは、うまくいけばその日の仕事分以上に稼ぐ事ができるでしょう。
もちろん、自己責任でもありますし、何より全てのお客さんがアフターを持ちかけてくれるわけではありません。

「うまく稼げない……」という人には、「借りる」という方法もあるという事をお伝えしておきます。
バイト向けカードローンというものがありますので、選択肢の1つに加えてみてはいかがでしょうか?

どうしてもお金が欲しい時の方法

私がどうしてもお金が欲しい時に行う方法は、自宅にある不用品を売るという事です。
大きな金額にはなりませんが、金やプラチナならそれなりの金額で買い取ってもらえるので緊急の時には重宝します。
最近も二つ程リングを買取に出し、40,000円位になりました。

photo

あまりに金額が大きな時は、家族から借ります。
友人や知り合いに借りる事には、昔から個人的に抵抗があり、トラブルやその原因で揉めたくもないので、家族に借りる様にしています。

実際には、そんなに大きなお金が必要になる事はないので、自宅の不用品を買取に出すだけでも、ある程度の事には対応できます。
他に買取に出す際のもので、高値がつくものでいうと腕時計などを買取に出す事が私の場合は多いです。

家族に借りる際には、その事情をきちんと話いつまでに返済するのかを決めます。
家族間であっても、なるべくお金の事ではもめたくないのでその辺のルールはきちんと決めてから借りる様にしています。

 

不要なものを売るにも限度がある……誰かから借りるのも選択肢

お金を工面するために、不要になったものを質屋などに売る人は多いですね。
この方法なら、ピンキリながらもほぼ確実にお金を手にする事ができるでしょう。

ただ、この方法には限度があります。
「売れるものがなくなってしまった」とか「買い取ってもらえなかった」という場合、別の方法を探さなければいけません。

誰もが最終的に行き着くであろう方法が、「誰かから借りる」という事。
しかし、お金は非常にデリケートな存在ですから、双方でよく話し合った上で「ルール」を設けるのは大切な事ですよ。

最後は身内を頼ります

どうしてもお金が必要である時、金額にもよりますが、まずは自分でなんとかしようと思います。

¥6 de fire

私は子持ちの主婦なので、普段は子どもがいるのでなかなか長時間家をあけることはできません。
土日に夫に預けて働くか、早朝か深夜の仕事を探すことになります。

土日であれば日雇いのアルバイト、例えばスーパーでの試食販売やイベントスタッフ、交通調査、試験監督など…。
早朝であれば宅急便などの仕分け作業や新聞配達があります。
深夜であれば熟女パブなどは一番時給がいいかもしれません。

細々とした金額であれば自宅で内職作業もできるかもしれません。
自分が働くことでお金が困らないのであれば、育児に負担のない程度で働くことを選ぶと思います。

ただ、まとまったお金がどうしても必要な場合は、その場しのぎのアルバイトなどではどうにもなりませんし、そんなに時間をかけられないと思います。
100万以下の金額であれば返済を前提に親を頼ります。
1000万レベルの場合は、子どもがいなくて共働きの妹夫婦に返済を前提に借ります。

そこに問題が出てしまったら、消費者金融のお世話になるしかないかもしれません。
そういうことが起こらないように自分の家庭は自分で守る努力をせねばと思う今日この頃です。

 

主婦はお金を工面する方法が限られる

主婦であっても、子どもが小学校に通う年齢まで成長していれば、安心して働きに出る事が出来るでしょう。
しかし、小学校入学前、ひいては幼稚園に通う前の場合、どうしても外へ働きに出る事が難しくなってしまいます。

さらに専業主婦の場合、多くの消費者金融では断られてしまいます。
中には融資してくれる企業も存在しますが、保証人を立てない限りまとまった額の融資は受けられません。

身近に頼れる人が居るならば、消費者金融よりも優先してお願いするのが得策です。
消費者金融と違って、金利が義務というわけではありませんからね。

夜の世界と日中の日雇いで一気に稼ぐ

まずは自分の両親にお願いして借ります。
借りる金額にもよりますが、数万円程度でしたら今までも両親に借りた経験が何度かある為、間違い無く両親から借ります。

もし両親から借りれない場合は、プロミスやアイフル等からこっそり借りると思いますが、闇金からは絶対借りません。
それと、友達にも絶対に借りません。
お金の問題を友達間に持ち込み、友情を壊したくありません。

photo

しかし、もし私が今20代で独身で、両親から借りれなかった場合、恐らく夜の世界で働いていると思います。
とりあえず日払いをしてくれるキャバクラの体験入店を各店でやってみると思います。
夜の世界でお仕事の経験はありませんが、どうしても今すぐお金が必要ならキャバクラなら体験程度にやってみてもいいです。
女性なので、その点は有利に稼げるかもしれませんね。

後は掛け持ちをして、日中に日雇いのアルバイトや派遣に登録をし、なるべく時給の良い仕事を探して我慢して働きお金を稼ぎます。

 

お金を稼ぐ事は決して楽ではない

お金を借りる際のリスクでもっとも恐ろしいのが、対人関係のトラブル。
家族・友人同士でも金額に関わらずトラブルに発展するケースは珍しくありませんし、闇金などの違法業者から借りるなんてもってのほかです。
もちろん、有名な消費者金融が100%安全とも言い切れませんので、「お金を借りる」という行為そのものがリスキーだと捉えましょう。

水商売は、確かに一般的な仕事よりも高報酬・好条件である事が多いですが、やはりトラブルはつきものです。
また、指名が取れるか取れないかで明暗がはっきり分かれる世界でもあります。

ただ、掛け持ちをしやすいのは純粋にメリットですので、とにかく一気に稼ぎたいのであれば確かに効率的ですね。