ごみにだすよりはお得

二人目の子供が生まれることになったので、服やおもちゃを収納する場所を増やしたいと思い、不要なものを処分することにしました。

洋服、靴などを整理し、汚いものはごみに出し、きれいなものはリサイクルショップに持ち込みました。

ユニクロなどの量産品は着ていなくても、値が付きませんでした。

またきれいなものでも、形が古いと値が付きませんでした。

一方、リーバイスのGジャンとアディダスのほとんど履いていないスニーカーはそれぞれ500円で買い取ってもらえました。

洋服を処分できたので、季節外の洋服をしまっていた押入れダンスを捨てることにしました。

これは、以前リサイクルショップで1000円で購入したものです。

押入れダンスを粗大ごみとして捨てると、処理手数料として1500円もかかることがわかりました。そこで、ダメもとでリサイクルショップに持っていくことにしました。査定の結果、100円で買い取ってもらえることになりました。

ごみとして処分してしまうと、捨てる罪悪感があったり、手数料などでお金がかかったりしてしまいますが、リサイクルショップを利用すると、だれかに再利用してもらえるので捨てる罪悪感が減り、お金もマイナスにはならないので、よかったです。