お金が必要な時は主人のカードローンでキャッシング

どうしてもお金が必要な時というケースがしばしばあります。
お金が欲しいというニュアンスよりも、お金が必要と言った方が近い気がします。

基本的に、毎月の収入では生活はギリギリの状態で貯えなどもなく、想定外の急な出費には何処からか工面してこなければなりません。
子供の修学旅行費や、急な遠征、学校の積立て以外で集金があったりすると、もうピンチです。

そんなお金が必要な時には、私は主人に連絡してカードローンで必要な金額をキャッシングをしてきてもらいます。
キャッシング関係は、主人のカードを利用していて、カードは主人が管理しています。
キャッシングのお願いをする度に、主人からは嫌みの一つは必ず聞かされますけど、必要なものは必要なので仕方ありません。

主人と一応決めているキャッシングの利用の仕方は、なるべく借入残高を放置しないということです。
実際、毎月の様にキャッシングをしてしまっているのですが、主人のボーナス時には一括返済するようにしています。
結局、またお金が必要になってキャッシングを利用することになるのですが、それはそれとして、一旦は借入残高をゼロにしておきましょうというものなのです。

 

完済できているなら良いが、金利にも要注意

毎月、決まった額の貯蓄ができていれば、いざという時に困る事は少なくなると期待できます。
しかし、収入が乏しすぎるあまり生活費を工面するのがやっとで、貯蓄など無理という家庭もある事でしょう。

確かに、一時的なしのぎとしては、キャッシングも有効な手段です。
支払いを滞らせない限り、ブラックリストに登録される事もありません。
ただ、その都度金利が発生し、支払い総額も増えているので注意が必要です。