私がお金が必要になった時に取る行動

どうしてもお金が必要になった場合、現実的な金額であれば働いて稼ぎます。
ただ期間や額によっては借りざるを得ない場合もありますね。

実際に私が専門学校へ入学する時は、金融機関に入学金分の100万円を、授業料分は日本育英会にお金を借りました。
さすがにすぐに100万円以上のお金を用意するのは難しかったですからね。

photo

一方で社会人になった今であれば、やはり選択肢は「自分で稼ぐ」になるでしょうね。
ただ、事故や病気にあって働けなる可能性もあります。
そのような場合は、親戚に借りるという選択肢になりますかね。
利息や返済期限も緩いでしょうし、督促も無いでしょうから精神的に楽です。

ちなみにですが、学生時代に卒業旅行へ行くと決まった際は両親にお金を借りました。
合計で30万円でしたが、就職活動でバイトもままならないままおりまして、まとまったお金が無かったんですよね。
もちろん社会人になって全額返済はしました。

今では年金生活者となって金の無くなった両親に金を渡しています。トホホ。

 

奨学金は学生専用の借金のようなもの

「大学進学にあたって借金を……」というエピソードはお馴染みですが、短期大学や専門学校でも同様のエピソードが聞かれます。
4年制大学よりは抑えられるものの、2年制の専門学校でもそれなりの額が必要になります。
専門学校の場合、今回のように100万円を超える事は普通です。

社会人になっても、想定外の病気・怪我で働けなくなり、止むを得ずお金を借りる人は珍しくありません。
安定した収入を得ている人が一時的に休職している程度であれば消費者金融から借りられますが、そうでもなければ身内を頼った方が無難ですね。