働いてお金を用意する方が長い目で見ると得

借りてしまえばあっという間に足りない分のお金が用意できるのですが、それでは将来的に私のためにはならないと思います。
すぐに現金が手にできてしまうのは嬉しい一方で、お金が足りなければ借りれば良いという思考回路が出来上がってしまうからです。
とすると、もう少しだけ頑張ればお金用意できる場面でもすぐに諦めてしまい消費者金融や知り合いから借金する癖がつきます。
このような生活を続けていれば遅かれ早かれ返済が滞ってしまうのは目に見えていますから、できるだけ働くことによって問題解決できるようにするべきだと私は思います。

働くことは一部例外を除いて大変なことだと思うのが人間なので、そうして得たお金を安々と使いたくないと思うようになります。
苦労して得たものなので、いつしか貯金するようになる可能性があるというわけです。
蓄えがあれば万が一のときにお金のことで心配しなくて良いので、日雇いであろうとアルバイトであろうと働くことが大事です。

photo

キャッシングは心強いが制約もある

キャッシングは、一時的なしのぎとしてはとても心強い存在です。
社会的な責任を負う事ができると判断されれば、何回でも借りられるでしょう。

ただ、その都度金利が発生しますし、万が一返済が滞ったりできなくなってしまうと、信用情報に傷がついてしまいます。
その履歴は数年間残り続けるので、生活上の思わぬ面で悪影響を及ぼす事もあります。

慢性的な金欠で困っているのであれば、「借りる」よりも「稼ぐ」事に重点を置いた方が良いでしょう。

お金が必要な時は主人のカードローンでキャッシング

どうしてもお金が必要な時というケースがしばしばあります。
お金が欲しいというニュアンスよりも、お金が必要と言った方が近い気がします。

基本的に、毎月の収入では生活はギリギリの状態で貯えなどもなく、想定外の急な出費には何処からか工面してこなければなりません。
子供の修学旅行費や、急な遠征、学校の積立て以外で集金があったりすると、もうピンチです。

そんなお金が必要な時には、私は主人に連絡してカードローンで必要な金額をキャッシングをしてきてもらいます。
キャッシング関係は、主人のカードを利用していて、カードは主人が管理しています。
キャッシングのお願いをする度に、主人からは嫌みの一つは必ず聞かされますけど、必要なものは必要なので仕方ありません。

主人と一応決めているキャッシングの利用の仕方は、なるべく借入残高を放置しないということです。
実際、毎月の様にキャッシングをしてしまっているのですが、主人のボーナス時には一括返済するようにしています。
結局、またお金が必要になってキャッシングを利用することになるのですが、それはそれとして、一旦は借入残高をゼロにしておきましょうというものなのです。

 

完済できているなら良いが、金利にも要注意

毎月、決まった額の貯蓄ができていれば、いざという時に困る事は少なくなると期待できます。
しかし、収入が乏しすぎるあまり生活費を工面するのがやっとで、貯蓄など無理という家庭もある事でしょう。

確かに、一時的なしのぎとしては、キャッシングも有効な手段です。
支払いを滞らせない限り、ブラックリストに登録される事もありません。
ただ、その都度金利が発生し、支払い総額も増えているので注意が必要です。

日払いのバイトでお金を稼ぐ!

貧乏な生活をしています。
今月の家賃を払えないほど、お金に困る事もしばしばあります。

そんな時は、知り合いのスナックで、働いてお金を稼いでいます。
夜9時から夜中の2時まで働いて、おおよそ5千円ほど貰えます。

photo

また、貧乏暮しをしているとお客さんに話したら、援助してくれる方もいます。
あまり大きな声では言えませんけどね。
直接現金を頂くこともあれば、食事に誘ってくれて、お金を出してくれる事もあります。
友人や知り合いにお金を借りるのは嫌いなので、とても助かっています。
もちろん、お客さんに貸して頂いたお金も返しています。
あまり借りを作りたくありませんからね。

また、スナックの他にもコンサートの会場設営の日雇いのバイトもします。
拘束時間は10時間ほどですが、1万円以上稼げるので大変便利です。

ただ、どの日雇いのバイトにも言えるのですが、日払いになると一括で払ってくれない事が多いんですよね。
大体はその日に給料の80%ほど頂いて、後日残りを渡されるシステムです。
本当に生活に困っている時には、非常に不便なシステムだなあ、と思います。

 

かけもちは大変だけど、収入の支えになる

事情を知ったお客さんが支援してくれるのはありがたいですね。
お客さんが食事をおごってくれるというのは、この業界では至って普通ですが、その後ちゃんと返しているというのは珍しいですね。
普段から非常に真面目な方だという事が伝わってきます。

また、普通は給料日まで収入を待たなければならないのですが、日雇いはその日のうちに報酬が支払われるのでいいですね。
ただ、今回のように全額一括で支払われるわけではない事もありますし、何よりこれを生業として生きていくのは厳しいですから、あくまで「一時的なしのぎ」にしかならないのが難点です。

お金がないなら法律に詳しい知人から借りる

どうしても欲しいものがあったり納税しなければならないときにお金がなければ、法律に詳しい友人から借りるようにしています。
きちんと借用書を作成してもらい必要事項を記入するので、もしも返済が滞ってしまえばペナルティが課されてしまいます。
一般的には法律に詳しくない人から借りたほうが良いのではないかと思われがちですが、そうすると後々に困ることが起こりやすくなります。

お金がないなら法律に詳しい知人から借りる

債務者と債権者それぞれの義務を熟知していない人は、ときとして無理難題を押し付けようとします。
たとえば、返済日が近づいて来たときには法律に反するような高い利息を請求してきたり、本来返済するべき元金よりはるかに高いお金を貸したなどと言い張るケースです。
借用書が存在していればこのようなことにはならないので、お金が欲しいときには法律に明るい人を頼るのが良いと考えられます。

なお、法律に詳しい人が相手なら自分に非があるケースでは法的手段を取られかねないので注意するべきです。

 

金銭トラブルはデリケート!知識のある人からアドバイスを受けよう

お金関連のトラブルは、非常にデリケートです。
少額でも法的トラブルに発展するケースは珍しくないので、間柄や額に関係なく借用書を用意するのは有効です。

もちろん、法的知識のある人とない人の差は言うまでもありません。
借用書と言っても、記入内容次第で法的効力が変わる可能性もあります。
それこそトラブルの原因になりかねませんから、やはり専門知識のある人からアドバイスを受けたいところですね。
心配であれば、トラブルを避けるための知識も教えてもらうと良いでしょう。

断捨離でお金も運もゲット!

「給料前などお財布がさびしくなってピンチ!どうしてもお金が欲しい!」
……と思った時は、まずは、家中をとことん掃除をします。
そういう時は生活も荒れていることが多いから、すべてをリセットして運気をあげる必要があります。

床に放置された雑誌や、本棚にビチビチに詰まった書籍やマンガを抜き出し、ブックオフに駆け込みます。
他にも着なくなった服や靴、家の中のさまざまな不用品を洗い出しリサイクルショップに売りに行く。
これで数千円~になることが多いです。

断捨離でお金も運もゲット!

靴箱もクローゼットも余裕が出てきました。
風水では空きがないといい運気も入ってこないといわれています。
不思議なもので掃除、片づけをすると思わぬところからお金を発見したり、周りから欲しかったものをもらったりいい事が続きます。

不要なものを売ってきれいになった部屋で、自炊でもして節約生活をしていたら給料前のピンチはどうにかしのげます。
それより高額な金額が必要なときは…家族に借金するしかありませんね。

 

断捨離は定期的に!忘れていたお金が出てくるかも!?

「断捨離の一環として掃除をしていたら、思わぬところからお金が出てきた!」
実は、こういうエピソードって結構多いんです。
忘れていたり、適当に置いてしまったために失くしてしまっていたものを発見しやすくなるので、やはり断捨離は大切ですね。

ちなみに、いらなくなった物を中古ショップ等に売却する際は、ジャンル分けをする事をお勧めします。
中には、特定のジャンルで人気の商品であり、意外な値段で買い取ってくれる業者が存在するかもしれませんよ。

お金が欲しい時はクレジットカードのキャッシング枠を使っています

お金が欲しい時っていうのはちょくちょくありますね。
それがまだクレジットカードで買えるものならばちょっどだけ考えますが、結局は使ってしまうことが多いです。

photo

一応次の給料日を計算して残高を考えて一括や分割になるように考えていますが、どうしてもできなさそうならばリボ払いも検討してやっていることもあります。
リボ払いは正直手数料が長く続けば続くほど掛かって損をしてしまうのですが、やはりどうしても欲しいものがある時にはこちらを選んでしまうことも多い感じになっています。
幸いにも正社員というわけなので、クレジットカードの限度額も多少はありますので無理は聞くのもありますね。

それでもクレジットカードでの支払いができないことも多いので、その時はクレジットカードのキャッシング枠を使っての借入も検討して行っています。
こちらも利息は消費者金融系とあまり変わらない感じなので、それなりに損をしますからご利用は計画的にという感じになっていますが、いざという時に助かっているので使ってます。

 

いざという時に心強いクレジットカード

クレジットカードは、月末にまとめて支払ったり、リボ払いで少しずつ支払う時に利用するのが主流ですね。
ただ、クレジットカードの利点はそれだけではありません。
特別なケースを除き、クレジットカードにはキャッシング枠が設けられているのは、実際に利用している人なら誰もがご存じでしょう。

カード作成時の審査によって、その上限額に違いは出てきますが、いざという時に役立ってくれる事は間違いないでしょう。
もちろん頼りすぎは考え物ですが、「最終手段」としては一般的な消費者金融よりも現実的かもしれません。

お金が欲しいと思ったら借りる

私がどうしてもお金が欲しいと思ったときは、やっぱり借りることを考えますね。

日雇いのバイトでもすればお金を手っ取り早く稼げるのかもしれませんが、私は普段仕事をしているので、日雇いのバイトにいっている暇がありません。
ですからお金が欲しいと思ったら、誰かからかお金を借りるしかないんです。

1-Aお金が欲しいと思ったら借りる

私がお金を借りる先は主に二つです。
友人とキャッシングですね。

できれば友人に借りれれば一番いいのですが、そんなしょっちゅう友人にお金の無心をするわけにはいきません。
それになんだか年を取るごとにお金って人に借りにくくなってくるんですよね。
学生のときはあんなに簡単にお金の貸し借りをしていたのに、今ではお金の貸し借りはなんだか言いにくい雰囲気があります。

友人からお金を借りるのも言い出しにくいなと思ったときはキャッシングを利用しますよ。
キャッシングは別段気にすることもなくいつでも使えますからいいですね。
しかし、それに甘えてあまり使い過ぎないようにしなければいけませんけどね。

 

個人・業者に関わらず借り過ぎに注意

どうしてもお金を借りなければならない状況に陥った時、身近に頼れる人がいるのであれば、ひとまず相談してみるのも手です。
ただ、いくら親しい相手であっても、何度もお金を借りているうちに相手からの信頼を失くしかねません。

キャッシングは、そもそもお金を貸すのが仕事ですので、条件を満たしていれば何度でも貸してくれます。
ただ、借りれば借りるほど利息がかさんでいきますし、金融事故のリスクもありますので、よく考えないまま利用するのは危険です。

なんといっても、日頃からお金の使い方に注意する事。
これができなければ、いずれ誰からもお金を借りられなくなるかもしれませんよ。

お金が欲しい時は本やCDを売りましょう

どうしてもお金が欲しい場合、学生であれば日雇いバイトをするなどが手っ取り早いのですが、社会人として働いていると中々難しいのではないでしょうか。
時間を捻出することが難しいですし、そもそも副業禁止規定に引っかかってしまう可能性があります。
社会人は労働以外の方法で稼ぐしかありません。

私はどうしてもお金が欲しい場合、家にある物を売ることにしています。
基本的にはCD、DVD、本です。

photo

これら家にある娯楽品は、基本的には無くなっても暮らしていけます。
もし、どうしてももう一度手に入れたい場合は、お金に余裕ができたら買い直せば良いのです。
(実際に買い直すようなことは殆どありませんが)

もし、時間に余裕があればネットのオークションや買い取りサイトで条件の良い値段を探して売ります。
お宝物が入っていたりして、思った以上の売値にあることもあります。

早目にお金が欲しい場合や、近場のリアル店舗を利用するようにしています。
あまり条件はよくありませんが、すぐにお金を貰うことができます。

CDや本を売っても、大きいなお金にはなりませんが、当座を凌ぐ資金は手に入れることができたりしますのでオススメです。

 

大人にも子どもにもありがたい中古ショップ

「お金が欲しければ働けばいい」という意見も尤もですし、これが一番お金を工面しやすい方法である事に間違いないでしょう。
しかし、本文にもある通り、社会人は時間的にも就業規則的にも制約を受けやすく、簡単に掛け持ちできるというわけではありません。

そういうわけで、中古ショップはありがたい存在なわけです。
定価よりは下がる事がほとんどですが、多少ながらもお金を手にする事ができます。
それに、家でホコリを被ったまま放置するより、その商品を欲しがっている人に持っていてもらう方が良いでしょうからね。

まずは職、そして貯める

お金が必要なら稼ぎます。
アルバイトでもパートでも正社員でも何でもいいです。
「雇われてお給料をもらう」仕事が一番手っ取り早くて堅いと思うからです。

photo

そしてお給料をもらえるようになったら、そのうちのいくらかを貯金します。
数万、数十万のものなら何か月したら買えるのではないでしょうか。
家というような高額なものはもっと長期的な計画を練らないと途中であきらめてしまうことになりますが。

何にいくら必要なのかが大切です。
遊興費なら余ったお金や、貯まるまで待って使うのが正解ではないでしょうか。

もっと差し迫った病気や怪我の治療費とかになると、普段から貯めていたぶんで足りないなら借りる手段もありだと思います。
身内に借りるのは迷惑をかけるというなら消費者金融でしょうか。
消費者金融などでの借金は悪いことと思ってしまうほうです。
性格も「アリとキリギリス」の童話で言うなら完全にアリタイプです。
できるだけ借金はせずに生きていきたいです。

 

働いて稼ぐのが一番!借金も悪くはないが慎重に

すでに職に就いている人が「お金がない……」というと、お金を工面する方法がまた変わってきます。
しかし、職に就いていない人が「お金がない……」というと、単純に働きに出て収入を得られるようになれば解決できます。
人によって向き・不向きの仕事がありますが、広い目で見てみれば、働き口はたくさんありますよ。

借金も、一時的なしのぎであれば決して悪い方法ではありません。
ただ、どうしても後ろめたいイメージが強く、返済が滞れば信用情報に傷がついてしまうため、利用するならよく考えなければいけません。

お金が欲しい苦労を解消させる一石二鳥の方法

苦労しなければお金は手に入らないと人は言いますが、確かに私もだいたい同意見です。
しかしながら、世の中には労せずお金の苦労を解消させてしまえる人がいて私はそのうちの一人です。

私には資産家の両親がいるのですが、お金が欲しいときには彼らから生前贈与を受けます。
贈与税を納めているので何ら咎められるようなことはしていないのですが、周囲からは説教されることが多いです。
まだまだ働き盛りの年齢であるにもかかわらず、困ったときには真っ先に生前贈与を受けているからです。

photo

過去には真面目に働いてお金を得た方が良いのではないかと思い悩んだこともありましたが、今となっては罪悪感のようなものは一切感じていません。
むしろ、権利として法律が認めてくれているのだから生前贈与を受けることを非難する人の言葉は無視すれば良いのだと考えているほどです。
お金が欲しくなくても定期的に生前贈与を受けている私は、これからも行使できる権利に甘えようと思います。

 

生前贈与は正当な権利に違いない……しかし将来の事も考えてみては?

もちろん、投稿者の方は何ら違法行為をしておらず、本来であれば他人から批判されるいわれすらありません。
特に若年層は収入が伸び悩んでいるにも関わらず過酷な労働を強いられており、やっかみから来る批判も少なからずあるでしょう。

しかし、資産家のご両親にいつまでも頼れるわけではない、という事も頭の片隅に置いた方が無難です。
資産家という事であれば、将来ご両親の遺産を相続すれば、投稿者の方もそれなりの貯蓄ができる事になります。
ただ、相続額が高ければ高いほど、相続税も高くなる事に留意してください。